フリーターの就活期間

フリーターから就職

フリーターの就活期間の目安と就活期間を短くする方法を解説

これから就活をしようと考えていて、フリーターからの就活が終わるまでの一般的な期間が知りたい。

すでに就活をしているけれど、一般的にどれくらいの期間で就活が終わるか知りたい。という方に向けた記事です。

もし、半年も就活を続けているなら要注意です。

そこで、就活が長期化してしまう原因や、今からでも間に合う就活期間を短くする方法を解説します。

じゅん
私の就活期間が1年6ヶ月と長期化してしまった原因を元に、もっと早く気づいておけばよかったと思った就活期間を短くする方法をご紹介します。

フリーターから正社員就職するまでの就活期間はどれくらいかかるのか

フリーターから正社員就職までにかかる期間は一般的に2ヶ月から6ヶ月ほどです。

早ければ、就活開始から1周間で内定を獲得し、翌月から入社です。

長ければ3年以上かかってしまいます。

新卒や職歴のある人の転職と比べ、フリーターは市場価値が低くいため正社員就職は難しいです。

そのため、新卒や転職活動者と同じような方法で就職活動をしていては、なかなか正社員になることができません。

就活期間を左右する大きな要因は4つあります。

就活の期間に大きく差が出る4つの要因

  1. 狙っている企業や職種・求人が自分のスキルと釣り合っているか
  2. 譲れない条件などが厳しすぎないか
  3. 就活や正社員就職に対しての本気度や熱意が十分か
  4. フリーターに合った正しい就活方法ができているか

特に上記のような要因にって就活が早く終るかどうかが決まります。

長期化するパターンと短期間で就活が終わるパターンを元に詳しく解説いたします。

フリーターからの就活期間が長期化する4つの要因

脱フリーターを目指し、就職活動を始めたのにいつまで経っても内定を獲得できず、就活が長期化してしまう原因は大きく4つあります。

特に、フリーターだからこそ抱える就活期間が長期化する要因のため、しっかりと解説いたします。

就活期間が長期化する要因1 自分のスキルと釣り合っていない求人を選んでいる

大手企業や、ハイクラスな職種、専門スキルが必要な職種は、職歴のない実務未経験のフリーターからの正社員就職は難しいです。

求められる基本スキルが高い求人は、採用される確率があまりにも低く、採用担当者からほとんど相手にされない場合が多く、時間を無駄にしてしまうことになってしまいます。

大手やハイクラスな職種に就くたければ、一度どこかに正社員就職をして、基本的なスキルや経験を積んでから転職を狙うほうが懸命です。

また、大手企業や専門スキルが必要な職種の未経験可の求人があっても真に受けるのは危険です。

この場合の未経験とは、

  • 十分スキルが身についているが仕事として行ったことが無い
  • 前職でのスキルや経験が豊富で未経験でも活躍が期待ができる

採用条件の裏側として上記のような人が前提条件となっている場合が多いです。

つまり、職歴のないフリーターは相手にされていない場合がほとんどです。

フリーターの採用を前提とした求人を見つけましょう。

就活期間が長期化する要因2 譲れない条件が多い

譲れない条件が多ければ多いほどエントリーできる求人が少なくなってしまいます。

あまりにも就活の選択肢を狭めてしまうと、内定獲得までの期間が長くなってしまうため、程よい妥協をして受けたい会社の範囲を増やす必要があります。

絶対に譲れない条件や最低限の条件を洗い出し、妥協しても良い条件を見直してみましょう。

就活期間が長期化する要因3 就職に対する熱意が低い

採用担当者として、採用基準として応募者の熱意・やる気の高さは重要度の高い評価要因となっている会社は多いと言い切れるほど重要な項目です。

採用担当者はフリーターに何を期待し、どのような理由で採用したいと思うかというと、今までの境遇をバネにこれから頑張ってくれそうかという熱意に期待している場合が多いです。

基本的に正社員をやる気のない人からは採用はしません。なので、就職に対する熱意が低いと基本的に採用されません。

就職することへの熱意が低いままダラダラと就職活動を続けるだけになってしまいいつまで経っても採用されない負のループになってしまいます。

就活期間が長期化する要因4 フリーターに合った正しい就活ができていない

フリーターに不向きな就活をしていると、いつまでも採用されず就活期間が長くなってしまいます。

  • 正しい就活知識が身についていないのに独学で就活を行っている
  • フリーターの採用を前提とした求人に応募できていない
  • 他の応募者が若くて正社員経験のある市場価値の高いライバルと採用を争っている

上記がフリーターに不利な条件での就活です。

企業や採用担当側の考えを読み取ることで、今まで不利な条件で就活をしていたと想像がつくかと思います。

不利な条件を極力なくし、フリーターに合った就職活動を行う必要があります。

フリーターは就活期間が長くなれば就職に不利になる理由

就活期間が長くなると、年齢が上がってしまいます。

履歴書に記載する年齢が増してしまうと、採用担当からの印象も悪くなってしまいます。

最終選考で同じ未経験のフリーターからでも、23歳の人と28歳の人とでどちらを採用するか悩んだとき、採用担当者の多くは年齢の若い方を採用したくなるため、若いほうが有利です。

そのため、就活が長期化し年齢がかさむことで、ますます不利な状況に陥ってしまいます。

また、厚生労働省の統計データからも、若いほうが採用率が高くなることがわかります。

下記のグラフからフリーター歴が長いと年齢が上がり、正社員になれる割合が低くなってしまうことがわかります。

フリーターの継続期間と正社員就職成功率の関係

参考URL:独立行政法人労働政策研究・研修機構

フリーターが就職しやすい時期

企業が採用活動を活発に行う、求人を多く出す時期が下記です。

採用活動を活発に行なっている時期のため、多くの求人にエントリーすることができるため就職成功のチャンスが大きいシーズンとも言えます。

  • 最も求人の多い時期3月
  • 2番めに求人が多い時期1〜2月
  • 3番めに求人が多い時期7〜9月

新年度の採用や、転職・退職者を埋める人員の募集などの背景があり求人が増えます。

しかし、注意したいとこはこのシーズンでなければだめだと思ってしまうことです。

上記の時期に関係なく、就活を開始することをおすすめします。

上記の時期でなくても求人はたくさんあります。

次のシーズンが来るまで待っていると、時間を無駄にしてしまいます。

フリーターはできるだけ早く、若いうちに就活を終わらせたほうが良いので、すぐにでも就活をすることをおすすめします。

じゅん

私がこれまでの自分の就活方法を見直しフリーター最適な就活を行った時期は、シーズン外である5月からでした。

5月にフリーターの就職に強い転職エージェントに登録し、就活を行い内定を獲得したのは10月です。

シーズンにとらわれることなく就活を始めておくことで求人の多くなるシーズンには就活スキルを高め、面接慣れした状態で就活をする事ができました。

フリーターの就活期間を短くする方法

結論から言うと、フリーターからの正社員就職のサポートに強い転職エージェントを活用することです。

フリーターにとって就活に不利な要素を解決してくれるため、フリーターに最適な就活方法だと言えます。

就活期間に差が出る大きな要因のうち「譲れない条件などが厳しすぎないか」と「就活や正社員就職に対しての本気度や熱意が十分か」は自分の気持ちや意識的な問題です。

気持ちや考え方を改めることですぐにでも改善することができます。

 

一方残りの2つ「狙っている企業や職種・求人が自分のスキルと釣り合っているか」と「フリーターに合った正しい就活方法ができているか」は自分の力だけでは改善することが難しいです。

この2つを改善することが出れば就活期間を短くすることができます。

 

そこで転職エージェントです。

フリーターの正社員就職支援に強い転職エージェントを利用することで上記の問題が解決できます。

狙っている企業や職種・求人が自分のスキルと釣り合っているかの重要な部分である「求人が自分と釣り合っているか」を解決できるため、書類選考突破率や内定獲得数や正社員就職成功までの期間が目に見えて変わります。

フリーターからの正社員就職に強いエージェントでは、企業がフリーターからの就職を前提としている求人を取り扱っているため、企業の求める人物と応募者の市場価値が一致しているから、短期間で正社員就職が成功しやすいです。

一方、大手求人検索サイトでは、企業が採用したい人物であるメインターゲット層が職歴がある転職活動者か、既卒から1〜2年の第二新卒です。

求人を出す企業が求める人物と応募者が職歴なしの第二新卒でもないフリーターでは、需要と供給が一致しないため選考が進まず不採用になってしまいます。

更に、自己分析や面接練習などの相談も無料でできるため、就活スキルまで身につけながら就活ができます。

つまり、エージェントを利用することでフリーターに合った就活を行うことができます。

フリーターからの就活期間を短くする方法まとめ

フリーターに合った正しい就活をした場合の就職までの期間は、目安は2ヶ月から6ヶ月。

就活を開始する時期は、時期を選ばずに思い立ったらすぐに行動。

周り道をして時間を無駄にせず、エージェントを利用してフリーターに合った正しい就活を行うこと。

フリーターに合った正しい情報と就活方法を見に付けて、正社員就職を成功させましょう!

  • この記事を書いた人

じゅん

企業の採用担当であり、元フリーター。 職歴なしで自力で就活するも書類選考が全く通らず。 就職エージェントを利用し、26歳フリーターから優良企業に正社員就職成功。 元フリーターの採用担当として、フリーターが正社員就職できるようなノウハウを発信してます。 就職を成功させる方法など発信し、一人でも多くのフリーターさんの就職をサポートするエージェントとして、フリーターに合った就活方法や情報を発信しています。

-フリーターから就職

Copyright© フリーターから正社員を目指すための就活情報サイトフリリスタ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.